2018年09月05日

朝読の本・9月(1年生)

みなさんどんな夏休みを過ごしましたか?
お友達とたくさん遊んだかな?
9月は「いじめ防止月間」ということで、「にわとりかあさん」の朝読本もテーマ関連本を用意しました。
1年生のみなさんに、友達や相手を思いやる気持ちを伝えられる絵本を選んでみました。


P8290027_01.JPG

☆『オオカミクン』
(グレゴワール・ソロタレフ・作 ほりうちもみこ・訳 ポプラ社)
おおかみを一度も見たことのないうさぎと、うさぎを一度も見たことのないおおかみのおお話。
先入観にとらわれず相手を受け入れること、相手の立場に立って相手の気持ちになること・・・大事なことが簡潔に込められている深い本だと思います。


P8290032_01.JPG

☆『ともだちや』(内田麟太郎・作 降矢なな・絵 偕成社)
「ともだち いちじかんひゃくえん」とキツネは「ともだちや」をはじめます。
ともだちから金をとるのか!?といったオオカミは、キツネとともだちになります。
まずは仲良しコンビ誕生の物語・・・シリーズ化されている、楽しく愉快な絵本です。


☆『ごめんね ともだち』(内田麟太郎・作 降矢なな・絵 偕成社)
悪かったとわかっていても、友達に素直にあやまるのは難しい・・・タイミングも大事ですよね。
勇気を出してちゃんとあやまれば・・・!楽しい二人の友情物語。


☆『ともだち ひきとりや』(内田麟太郎・作 降矢なな・絵 偕成社)
ケンカしているイタチとイノシシ・・・その様子を見たオオカミとキツネは「ともだち ひきとりや」のふりをして、イノシシの前に現れます。
ふたりの知恵でうまく仲直り。さあ、みんなで楽しく遊ぼうね!


P8290029_01.JPG

☆『ともだちやもんな、ぼくら』(くすのきしげのり・作 福田岩緒・絵 えほんの杜)
仲良し3人組の男子、木に登ってカブトムシを捕まえましたが、逃げ遅れたヒデトシのために、勇気を出してかみなりじいさんのところへ向かいます・・・
今どきこんなかみなりじいさん見かけませんが、悪いことはきちんと叱る大人がいるって大事なことですよね


P8290028_01.JPG

☆『ルーシーといじめっこ』
(クレア・アレクサンダー・作 福本友美子・訳 BL出版)
大事な工作を踏みつぶされたルーシーは、はじめはそのことを誰にも話せませんでしたが、ママに話します。いじめられた側、いじめた側・・・どちらも傷ついていましたが。
ちょっとだけ勇気を出してわかりあえたら、きっと仲良しになれますね。


P8290030_01.JPG

☆『ともだちになろうよ』(中川ひろたか・作 ひろかわさえこ・絵 アリス館)
友達なんていらない!と思っていたワニくん。ある日ウサギが友達になろうよ!ってやってきて・・・。
友達って悪くない、そう思えたワニくんにほっとします。




(担当: maco)




posted by にわとりかあさん at 10:00| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: