2018年02月07日

朝読の本・2月(6年生)

今月は、動物と自然と命・・・厳しい自然の中でたくましく生きる動物たちのお話を中心に選んでみました。
毎日、寒い寒いと言いながら過ごしていますが、もっと厳しい自然の中で生きる野生動物や植物・・・とてもマネできない、とコタツから離れられない私がいます。(ダメだこりゃ・・・)


P2060092_01.JPG

☆『ナヌークの贈り物』(星野道夫・文・写真 小学館)
北極圏で出会ったシロクマ「ナヌーク」との「会話」を綴った写真絵本。
厳しい極地で、作者は何を語り合ったのか・・・
今は亡き星野道夫さんの言葉が響きます。


P2060093_01.JPG

☆『クマよ』(星野道夫・文・写真 福音館書店)
写真家・星野道夫さんの最後の写真絵本。
取材中に熊に襲われてお亡くなりになった星野さんの遺作がこの絵本だと思うと切ないですね。
美しい風景写真とクマ・・・添えられた文章から、星野さんの自然に対する思いが伝わります。


☆『エゾオオカミ物語』(あべ弘士・作 講談社)
今は絶滅した北海道のエゾオオカミ・・・野生動物は常に絶滅の危険にさらされています。なぜこうなってしまったのか・・・ふくろうが静かに語ります。


P2060094_01.JPG

☆『ぼくはくまのままでいたかったのに』
(イエルク・シュタイナー・文 イエルク・ミュラー・絵 
 おおしまかおり・訳 ほるぷ出版)
熊が冬眠の途中起こされて、騒がしい穴の外へ出てみると・・・?
熊にしてみれば悪夢でしかない・・・そんなお話。


☆『シバ犬のチャイ』
(あおきひろえ・文 長谷川義文・絵 BL出版)
おいら、豆シバのチャイってんだ!・・・と、かわいいシバ犬が日常を語ります。
オチが笑えます。こんなシバ犬を飼ってみたい!


P2060095_01.JPG

☆『どうぶつ友情辞典』(あべ弘士・著 クレヨンハウス)
動物に詳しい著者が、動物をキーワードにことわざや伝説、作り話など書き出した読み物。
動物に関する言葉って、たくさんあるんですね。


☆『楽しい調べ学習シリーズ 冬眠のひみつ』
(近藤宣昭・監修 PHP研究所)
冬になると「冬眠したい!」って思いませんか?(え、思わない?)
冬眠して冬を越す動物の体と冬眠しない動物の違いなどがわかる図鑑です。


(担当:maco)


posted by にわとりかあさん at 10:00| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: