2017年12月15日

2017年12月の定例会

今日は定例会の日でした。

内容は、朝読の報告や連絡事項など・・・

今日は、いつもお世話になっている小学校の校長先生より、某雑誌に「にわとりかあさん」のことを取り上げたいとのことで、定例会の前に取材を受けました。

サークル設立の経緯や、読み聞かせについてのこだわりなど・・・いろんなお話ができました。

自分たちとしても、改めて初心に返るような懐かしい話も出ました。
普段そういう話をしないので、初代メンバーではない方にとっては、初耳の内容もあったようです。
(;´∀`)

お手本もなく手探りで積み重ねてきた15年を思うと、試行錯誤の繰り返しでしたが、メンバーの個性を活かした私たちなりのスタイルに行きついた次第です。
さらに進化しようと今後の活動や(おはなし会の道具づくりなどの)工夫に貪欲さを忘れないメンバーの意欲は、まだまだ衰えていないことを再認識。
今日の定例会の話題にもそれは表れていて、読み聞かせの会の感想では、あれもしたい、これもやってみたい!というスキルアップへの思いを語り合いました。

そこには、このメンバーならできるという経験と、まだまだ楽しんでいこうという気持ちがあるということです。

第一は「子どもたちに絵本やおはなしの世界を楽しんでもらいたい」ことですが、そこに自分たちが楽しもうという気持ちがなければ、きっと楽しさは伝わらないはずですから。

奇跡のように集った仲間の、素晴らしい個性を大切に、これからも仲良く活動していきたいですね。

まぁ・・・体力的なところが、一番の不安材料かもしれませんが・・・

PC150037_01.JPG

定例会の中では、好きな文章や詩を持ち寄って、小さな朗読会をしました。
子どもに限らず、大人にとっても誰かが読んで聞かせてくれる言葉は心地よいものですね。
とても癒されます。

PC150038_01.JPG

皆様、良いお年をお迎えくださいね。
健康第一で! 来年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by にわとりかあさん at 19:40| Comment(0) | 定例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: