2017年09月06日

朝読の本・9月(6年生)

毎年9月は「いじめ防止月間」ということで、学校全体でいじめについて考えるそうです。
私たちも各学年にあった本を選んでお届けします。
6年生はこの取り組みも6年目ということになります。今まで学習してきたことをもう一度思い出しながら、自分なりに考えてほしいなと思います。


P8310284_01.JPG

☆『からす たろう』(やしま たろう・作 偕成社)
いじめがテーマではありませんが、一人の子どもへの愛情ある先生の言動や、「ちび」自身と周囲の意識の変わり様など、人間の尊厳や、どんな状況でも強く生きることに心打たれる絵本です。何度読み返しても胸が詰まるお話です。

P8310285_01.JPG

☆『はせがわくん きらいや』(長谷川集平・作 温羅書房)
はせがわくんを思う気持ちにぐっとくる名作です。
ヒ素ミルクで障害を負ったはせがわくんを、なんでや?思いながらも見守る主人公のやさしさ・・・子どものストレートな言葉がいいですね。
終盤何度も「長谷川くん」と呼びかけるページは、涙が出てきて声に出して読むのが難しい。


P8310287_01.JPG

☆『しらんぷり』(梅田俊作/佳子・作 ポプラ社)
☆『タイヨオ』(梅田俊作/佳子・作 ポプラ社)
いじめというのは、こんなふうだと言わんばかりのお話です。教室の中に、もし登場人物と重なるような体験をしている子がいたら、どのように感じるのでしょう。つらいお話ですが、希望はあります。


P8310289_01.JPG

☆『いきのびる魔法』(西原理恵子・作 小学館)
西原さんの漫画で語られる「いきのびるための言葉(魔法)」は、大人の私たちにも響きます。
「この国は形を変えた戦場」・・・こんな国に私たちは生きている。生易しいことではありませんね。
でも、生きてさえいればなんとかなる。だから「いきのびる魔法」を身に付けてほしいと願っています。
「うつくしいのはら」は泣けます。


P8310291_01.JPG

☆『わたしのせいじゃない せきにんについて』
(レイフ・クリスチャンソン・文 にもんじ まさあき・訳 
ディック・スティンベリー・絵 岩崎書店)
ひとり1人の言い訳を聞いて、みなさん何を思うでしょうか。最後の写真のページを眺めて、どんなことを考えるでしょうか。



(担当:maco)

posted by にわとりかあさん at 11:45| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: