2017年02月01日

2017年2月・朝読の本(5年生)

まだまだ寒い日が続きます。春が待ち遠しいですね。

005.JPG

☆『雪の写真家ベントレー』
(ジャクリーン・ブリッグス・マーティン・作  メアリー・アゼアリアン・絵
 千葉茂樹・訳 BL出版)
雪の結晶の美しさに魅せられたベントレーの生涯を描いた絵本です。
一人の農夫が、学者にも劣らない研究の成果をもたらしました。ひとつのことを追いかける執念に心打たれます。

雪と氷にちなんだ物語を・・・

006.JPG

☆『雪女』(小泉八雲・作 伊勢英子・絵 平井呈一・訳 偕成社)

☆『雪の女王』
(アンデルセン原作 バーナデット・絵 ささきたづこ・訳 西村書店)

☆『氷の巨人 コーリン』
(サカリアス・トペリウス・作 スズキコージ・絵 集英社)
 ※画像がなくて、すみません・・・


雪と氷の科学絵本と図鑑です。

007.JPG

☆『雪の結晶ノート』
(マーク・カッシーノ&ジョン・ネルソン・作
 千葉茂樹・訳 あすなろ書房)

☆『雪と氷の大研究』(片平孝・著 神田健三・監修 PHP研究所)


図書館で見つけたちょっとおもしろい本も紹介しました。

P1240102_01.JPG

☆『モノの数え方えほん』
(町田健・監修 ふわこういちろう・絵 日本図書センター)
副題が「日本人なら知っておきたい!」です。物を数えるときのルールって、知ってるようで知らないことが多いということがわかります。日本人は使い分けが大変だ・・・でも、理由がわかると納得ですね!
クイズのようにして、いくつか中身を紹介しました。


(担当: maco)


posted by にわとりかあさん at 16:00| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: