2019年09月20日

2019年9月の定例会

今日は定例会の日でした。
朝読の報告と児童館の「お月見会」の報告など・・・

DSC01564_01.JPG

次回は、来月の「公民館まつり」に掲示する活動報告を制作する予定です!
昨年までのをリニューアルしますよ☆



posted by にわとりかあさん at 21:19| Comment(0) | 定例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

朝読の本・9月(2年生)

夏休みが終わって、前期もあと1か月ほど。
ともだちのことや相手の気持ちになって考えること・・・そんなきっかけになるような絵本を選んでみました。

画像を撮り忘れました・・・(泣)
暑さボケの担当で、すみません。


☆『ともだちやもんな、ぼくら』
(くすのきしげのり・作 福田岩緒・絵 えほんの杜)
仲良し3人組の夏の出来事。カミナリじいさんのような大人、最近見かけないけど好きだなぁ。悪いことをしたらちゃんと叱る、いいことしたらしっかり褒める。関西弁の軽快な文章がわかりやすく、後味のよいおはなしです。


☆『ええことするのは、ええもんや!』
(くすのきしげのり・作 福田岩緒・絵 えほんの杜)
再び仲良し3人組登場! 困っている人を助ける、その友達を助ける、心意気がいいですね!
いつまでも友情とやさしさを持っていてほしいです。


☆『メガネをかけたら』
(くすのきしげのり・作 たるいしまこ・絵 小学館)
眼鏡を新調した女の子は、からかわれるのではないかと心配しています。
その気持ちを汲んだ先生方の行動は、やさしさでいっぱいです・・・
だいじょうぶ!よかったね!と思わずほっとするお話です。


☆『やめろ、スカタン!』
(くすのきしげのり・作 羽尻利門・絵 小学館)
こちらも男子3人組のお話。プールで顔をつけるのが苦手なシンゴ。
いやなことをされて、「スカタン!」と怒り出す小さな出来事から、友情に変化していく様子は、この年代の子の「あるある」話・・・。


☆『こうちゃんとぼく』
(くすのきしげのり・作 黒須高嶺・絵 講談社)
転校生のこうちゃんと「ぼく」のお話。古いものばかりを使っているこうちゃんには、誰にも言ってない秘密が・・・。
相手を傷つけてしまったあとは、やっぱり素直に「ごめんなさい」と言うのが大事ですね。


☆『くらべっこのじかん』(レスリー・エリー・作 
ポリー・ダンバー・絵 もとしたいづみ・訳 フレーベル館)
仲良しだった友達を、少し遠くに感じて・・・そんなとき2人でひまわりを育てることに。
きっかけをつくってくれた先生の最後のことばが素敵ですね!


☆『さるのオズワルド』
(エゴン・マーチセン・作 松岡享子・訳 こぐま社)
ちっちゃなさるのオズワルド。いばりやのボスざるとのつきあいに、うんざりしていたオズワルドや他のさるたちでしたが・・・。
いやだ!と声を上げること、間違いに気づいたときも気持ちを伝えること、許すこと、ができれば、きっといろんなことがうまくいきますね。




(担当: maco)


posted by にわとりかあさん at 18:43| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする