2019年07月03日

朝読の本・7月(2年生)

もうすぐ夏休み!待ち遠しいですね。
夏にちなんだ絵本と、この時期考えたい「平和」についての絵本など選びました。


DSC01128_01.JPG

☆『あいうえおのき』
(レオ=レオニ・作 谷川俊太郎・訳 好学社)
文字が単語になり、単語をつなげるとメッセージになる・・・レオ=レオニのユニークな発想に脱帽。言葉にする大切さと、平和を願う心が寄り添っています。


DSC01129_01.JPG

☆『へいわってすてきだね』
(詩・安里有生 画・長谷川義史 ブロンズ新社)
沖縄県の小学校1年生が書いた詩に、長谷川さんが絵を描きました。
安里くんの願いは、私たちの願いでもありますね。ごく当たり前の大切さをストレートに表現した素晴らしい詩です。


☆『ぼくがラーメンたべてるとき』(長谷川義史・作 教育画劇)
何気ない日常の向こう側で何が起こっている?
想像力をかきたてる展開に、いろんなことを考えさせられる絵本です。


DSC01131_01.JPG

☆『なつのいちにち』(はたこうしろう・作 偕成社)
きらきらした少年の夏の一日を、ダイナミックな構図で楽しめる絵本。
大人にはどこかノスタルジックで、夏休みを思い出させてくれます。


DSC01130_01.JPG

☆『まめうしのあついなつ』(あきやまただし・作・絵 PHP研究所)
まめうしシリーズの夏のお話。「かぶたむし」と「くわがたうし」が大活躍!
二人の熱い夏?の物語!


☆『こぶたのブルトン なつはプール』
(中川ひろたか・作 市居みか・絵 アリス館)
こぶたのブルトンシリーズ。友達のアンドレとプールに行って今回も大騒ぎ!
「子ども用にソーダのプール、大人用にビールのプール(どちらも飲み放題)」という一文が羨ましすぎる・・・
おはなしの世界ってほんと楽しい!


☆『これ、もっていき』(村上しいこ・文 伊藤秀男・絵 講談社)
おつかいの帰り道、次々に「これ、もっていき」と声をかけられて・・・
おじぞうさんとのやり取りの場面が、とてもほっこり☆


☆『およぐ』(なかのひろたか・作 福音館書店)
体が浮く仕組みから泳ぎへ。泳ぐのがちょっと苦手な子の背中を押してくれる科学絵本です。


みなさん、元気で楽しい夏休みを!


(担当: maco)



posted by にわとりかあさん at 12:52| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする