2019年05月08日

朝読の本・5月(2年生)

今年度の朝読が始まります。
令和元年を迎え、心も新たに・・・子どもたちと絵本を楽しんでいきたいと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今月は「運動会」をテーマにした絵本を選んでみました。


DSC00927_01.JPG

☆『よーいどんけついっとうしょう』
(梅田俊作・佳子・作・絵 岩崎書店)
運動会の日の出来事を、やさしいタッチで描いた絵本。
走る前のドキドキ、思わぬハプニング、主人公のやさしさとがんばりが温かな気持ちにさせてくれます。


DSC00928_01.JPG

☆『さかさことばでうんどうかい』(西村敏雄・作 福音館書店)
上から読んでも、下から読んでも同じ言葉あそび。
ユニークな西村さんの絵が冴えてます。声に出して読んでみてくださいね!


☆『よーいどん!』
(中川ひろたか・文 村上康成・絵 童心社)
名コンビの楽しい一冊。赤組も白組もがんばれ!がんばれ!


DSC00929_01.JPG

☆『こぶたのブルトン あきはうんどうかい』
(中川ひろたか・作 市居みか・絵 アリス館)
ゆかいなブルトンのシリーズ絵本。
わちゃわちゃした雰囲気が何とも楽しい絵と文。運動会のいろんな競技が登場して、みんなががんばる姿がおもしろいですね。

☆『はしれ、ゴールのむこうまで!』
(くすのきしげのり・作 稲葉卓也・絵 講談社)
走るのが苦手なそうたくん。校長先生が教えてくれた走り方でがんばってみたのですが・・・。
苦手なことを克服するのに、一緒になって奮闘してくれる誰かがいるって、何より力になりますね!

☆『はしる』
(阿部馨・文 堀内誠一・絵 織田幹雄・監修 福音館書店)
正しい姿勢で走ることが大事・・・ということを絵と言葉で分かりやすく解説した科学絵本。
広島ゆかりの織田幹雄さんが監修というのも嬉しいですね。


運動会とは関係ないんですが、季節の絵本も1冊紹介・・・

DSC00930_01.JPG

☆『たけ もうそうだけのおやこ』
(甲斐信枝・作 福音館書店)
春先から店頭に出回るタケノコ。竹の地上部分はよく見かけますが、地面の中はどうなっているのか・・・とてもよくわかる絵本です。
枯れても次々に生まれる新しい命の物語。
・・・にしても、タケノコご飯はおいしいね!



(担当: maco)



posted by にわとりかあさん at 14:24| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする