2019年03月06日

1年生より・・・

今日は、今年度最後の朝読の日でした。

1年生のみなさんから、大変温かく心のこもったお手紙をいただきました。

DSC00467_01.JPG

クラスの代表の方から手渡されて、涙が出そうになるくらい感激しました。
1年生のみなさん、そして先生方、ほんとうにありがとうございます!

一生懸命書いてくれたことが伝わるお手紙ばかりです。
楽しかった、おもしろかった、ありがとうがいっぱいで、とても嬉しく、励みになります。
続けてきてよかった〜と、何にも代えがたい喜びがこみ上げてきます。
こちらこそ、いつもありがとうございます。


いつも静かにお話を聴く態度や本への関心の高さには、常日頃から感心しています。
こちらの小学校の在校生・多くの卒業生みなさんに共通して感じていることです。
読書に力を注いでいることは存じていますが、それが全員に浸透して、伝統になっていることが素晴らしいですね。

「大好きな一冊」にめぐり合って、心の支えになるような本との出会いをお手伝いできるよう、私たちも寄り添いたいと思っています。

これからも「にわとりかあさん」を、どうぞよろしくお願いいたします。






posted by にわとりかあさん at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝読の本・3月(1年生)

早いもので、今年度の読み聞かせも最後の月になりました。
この1年で、ひとまわりたくましくなった1年生。
2年生になっても、元気でやさしい「彩が丘っ子」でいてくださいね!


DSC00461_01.JPG

☆『ようこそ おばけパーティーへ』
(おぼまこと・作・絵 ひさかたチャイルド)
おばけのブローニは、けがをした人間の女の子と出会います。
友達になりたくて、思い切ってお誕生日のパーティーの招待状を書きました・・・
素直な心が通い合う、友達ってすてきですね。


DSC00462_01.JPG

☆『ともだちからともだちへ』
(アンソニー・フランス・作 ティファニー・ピーク・絵 
木坂涼・訳 理論社)
「パジャまんま」のクマネズミのところへ一通の手紙が。そこから差出人を訪ねて行くと・・・。友達を思うそれぞれの気持ちが、絵と文章からだんだんとわかってきますね。
気持ちを伝えるって、大事なことですね。


☆『よもぎのはらのおともだち』
(あまんきみこ・作 やまわきゆりこ・絵 PHP研究所)
けんかをした二人に起こった、不思議な出来事。
仲直りを取り持ったのは、ねずみ一家でした。


DSC00463_01.JPG

☆『ひなまつりのおきゃくさま』
(高木あきこ・作 つちだよしはる・絵 ひさかたチャイルド)
群馬県の村に伝わる「おひながゆ」という行事。そこにやってきた「おきゃくさま」と、子どもたちと地域の人の交流がほっこりと描かれています。


☆『はるのあそび』(竹井史郎・作 笹沼香・絵 岩崎書店)
春の草花や行事がテーマの工作など、手作りして遊べるアイデアが紹介されています。


DSC00464_01.JPG

☆『たんぽぽ』(甲斐信枝・作・絵 金の星社)
黄色いたんぽぽは、春を告げる花。
見開きの綿毛が飛んでいくページは、とても迫力があり素敵なシーンですね。
冬を越えて生きていく生命のたくましさとふしぎがいっぱいの絵本です。


☆『たんぽぽ』
(平山和子・文 ・絵 北村四郎・監修 福音館書店)
たんぽぽの根っこ、たんぽぽの花の構造など、科学的な視点で描かれた絵本。
この春、みなさんの家の周りで、たんぽぽを見つけてみてくださいね。


来年度も「にわとりかあさん」をよろしくお願いいたします。



(担当: maco)



posted by にわとりかあさん at 10:00| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする