2018年03月12日

朝読の本・3月(6年生)

あっという間の1年間・・・6年生最後の朝読です。
淋しいけれど、巣立っていくみなさんを笑顔で見送りたい、けどやっぱり淋しいな。
旅立ちを応援する言葉がつまった絵本や読み物などを紹介しました。


P3030104_01.JPG

☆『きみの行く道』
(ドクター・スース・作・絵 いとうひろみ・訳 河出書房新社)
たくさんの可能性を持っているみなさんに贈る一冊。
困難なこともあるけど、自分の思う方向へ進んでいこう!
作者ならではのユーモアいっぱいの言葉が、私たちを励ましてくれます。

P3090006_01.JPG

☆『たくさんのドア』
(アリスン・マギー・文 ユ・テウン・絵 なかがわちひろ・訳 
 主婦の友社)
みなさんの目の前には、たくさんのドアがあります。ドアの向こうには何が待っているのだろう・・・新しいドアを勇気を持って開けてほしい。大人たちが見守っていることを忘れないで・・・。

P3030107_01.JPG

☆『ぼくを探しに』
(シルヴァスタイン・作 倉橋由美子・訳 講談社)
何か足りない・・・カケラを探しに転がっていくと・・・。
シンプルな絵本であるからこそ、想像をかきたてられる一冊。

P3030106_01.JPG

☆『二十一世紀に生きる君たちへ』(司馬遼太郎 世界文化社)
司馬遼太郎から子どもたちに贈る言葉。どんな時代でも、大切なことを見失わない心・・・大人にも響く本です。
現在(二十一世紀)の世界を見渡しながら、歴史から学ぶことの重要さを教えられます。

P3030105_01.JPG

☆『最初の質問』(長田弘・詩 いせひでこ・絵 講談社)
何気ない質問から、ドキッとする質問・・・みなさんへ、そして自分へ・・・気が付かなかった心の内をそっと開いてみるような。長田弘さんの味わい深い詩と、いせひでこさんの美しい絵で紡ぐ絵本です。

P3030109_01.JPG

☆『大丈夫!キミならできる!』(松岡修造・著 河出書房新社)
これを読んで元気になってください!と著者がおっしゃてますが、大人の私も読んでいて元気になりました!松岡修造からの熱い応援メッセージを受け止めてください!

P3030108_01.JPG

☆『新13歳のハローワーク』
(村上龍・著 はまのゆか・絵 幻冬舎)
みなさんの夢はどんな夢? 将来のなりたい職業のヒントになる本です。
世の中には、いろんな職業があるんですね。
今は見つかってなくても、いろんな経験を経て、自分の夢を見つけてください。
そして、夢を叶えるためにがんばってほしいと願っています。



6年生のみなさん、これまで読んだ絵本や本で、心に残った一冊はありましたか?
これまでもこれからも「本はともだち」・・・一人一人の心に灯るあかりのような本と出会えますように。そして力になりますように。

ご卒業おめでとうございます!


(担当: maco)
posted by にわとりかあさん at 11:00| Comment(0) | 絵本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする